アグリ事業と職員福利厚生目的でトラクターを導入しました。

2018/09/23
水・食料・エネルギーは人の営みには欠かせません。

幸いなことに、当社の周囲は農地が広がっており作物を栽培することが

できます。

職員の中には、兼業農家もいらっしゃり、親が農家という職員もおります。

悲しいことに日本国は、単位面積当たりの農薬使用量は世界ナンバー1です。

できうれば、無農薬、無肥料、遺伝子組み換えでない固定種種苗を使い、

汚染されていない水を使用して、周囲に農薬汚染がない農地で、安心して

家族兄弟愛する方々に食させることができる作物を生産し、加工し、世のため

人のためになるアグリ事業が構築できないかと標榜しております。

福岡正信氏や奇跡のリンゴの木村氏など自然栽培の先生を尊敬しております。

まずは、トラクターを導入したので福利厚生の一環で職員に無償で貸与します

それ以外に農地の管理が請け負えないか研究します。

当社代表者も個人で農地を借用して農業を始めます。

できた作物は、福利厚生の一環で職員に無償供与します。

楽しみながら事業化することを試みてみます。







▲PAGETOP