狩猟・捕獲・保護による鳥獣害対策

2017/09/28
平成29年度狩猟免許試験に職員2名を派遣受験させました、狩猟者人口はピーク時の

60万人から近年は20万人まで減少し、うち70%以上の方々が60歳以上で占めら

れ、狩猟者養成が急務の課題になっているようです。

沖縄県内では、狩猟免許取得者が約800人、うち猟友会加入者が約380人

当社は、お客様からお預かりする施設において鳥獣の被害を最小化する目的をもった保護

対策や忌避対策を検討しております。

基本的な知識技能の取得や法律上の対策を施すために、第1種銃猟免許、わな猟免許、

網猟免許を取得いたしました。

10月2日に(一社)沖縄県猟友会に加入申し込みを行い、様々な対策を講じてまいりま

す。

 
▲PAGETOP