未来の可能性

2017/07/04
フランスでは、空気エンジン自動車がバス、タクシーに利用されているようです。

アメリカでも通販で購入可能、価格も1万ドル程度で販売されているようです。

車体の炭素繊維はエアバスが供給、ルノー出身の技術者が設計し、インドの

タタ自動車が生産。動画はここをクリックすればご覧になれます。

日本国内では、法律の規制があり自動車としては輸入できません。当社が

着目しているのは、空気エンジン、圧縮空気でエンジンが駆動し、加熱しない

ためエンジンの冷却が必要なく、モートルを併設し発電、コンプレッサーで

空気を充填すれば、永久機関、永久的に動く発電機が数十万円で制作可能と考

えています。

空気は無害・無料です。湿気を含む空気を圧縮すれば水も作れます。

発電し、水を生成できる装置で水耕栽培・工場生産を魚等の糞で肥料の供給と

生物分解を併せた養殖作物生産システムを構築すれば人類の究極的な夢、

水食糧エネルギー及び二酸化炭素温暖化の問題は解決します。

国内の事業者が製品化することを望みます。

 

 

更に水と空気を燃料にして走行する「空気アルミニウム電池自動車」

の開発も進められており、2017年をめどにルノー・日産アライアンスに

よって実用化される予定のようです。従来のガソリンの替りに水をタンク

に給水して、アルミニウムと反応する際に生じる電力をエネルギーとして

利用するものです。1か月から2か月に1回給水し、理論上は1600km

走行可能のようです。動画はここをクリックすればご覧になれます。



「空気アルミニウム電気自動車」の更に詳しい動画はここをクリックすればご覧

になれます。

除草伐開業務も近い将来、機械に置き変わられることが想定されています。

危険性の除去、人手不足解消、効率性促進などの効果があります。

無線遠隔操作式大型除草伐開自走車を利用すれば体力、経験、年齢、性別、

ハンディキャップが問われない仕事の在り方が可能になります。

これからの時代は、人工知能が操作する様々な機械が登場してまいります。

人の能力、潜在力、真価が問われる時代になっていきます。

知識、経験を知恵として、技、技術を工夫し、臨機応変的な対応や創造を生かすこと、

機械が得意とする同じことの繰り返し、過去の経験・事例・判例の反復最短化、ビック

データー解析で次にとられる行動が予想できます、人間力が問われる時代になってい

きます。





ここをクリックすれば動画がご覧になれます。



歩行型草刈機「刈馬王」ハンマーナイフ クローラー型 湿田傾斜対応が容易

この機械を近日、導入致します、ご高齢の方や女性、椅子を取り付ければ

ハンディーキャップの方々も除草業務が行えます。

夏場の炎天下においては冷却装置を付加したクール制服を併せて配置する

ことによって、執務環境の改善を図ってまいります。

ここをクリックすれば説明動画がご覧になれます。

ドイツ製エンジン式ラジオコントロール草刈機agria9600のデモ風景2017年9月


▲PAGETOP