地球環境に配慮した車両を導入致しました。

2017/06/02
排気ガスで空気を汚さないこと。

騒音を出さないことで居住環境に配慮すること。

太陽光パネル充電で化石燃料を使わないこと。

夜間電力利用で発電効率の向上に寄与すること。

自家発電装置充電で災害緊急時対応も可能なこと。

ガソリン供給が停止した場合も事業が継続できること。

石油利用のリスク回避とエネルギーの自給化が可能なこと。


太陽光パネル発電による給電及びテスラパワーウォール2など

を利用することでの蓄電の併用運用を行い、近い将来、可能な

限りすべての自動車を電気式に更新してまいります。


環境負荷軽減は環境衛生を業として営む事業所の責任です。













▲PAGETOP