事業所として災害に備えています。

2017/03/28
私どもの事業所では、万一の災害の発生時においても事業継続を行うために以下の対策を

講じております。

化学的な汚染等も考慮して小分けされた飲料水を備蓄しています。

日本国内最長15年保存水「カムイワッカ麗水」2リットル6本入り 10ケース 

120リットル


25年超(日本国内の法律上の都合で期限を入れているようです、永久保存が可能)

長期保存非常用食料 サバイバルフーズ大缶バラエティセット 2ケース 120食

ブリキ缶封入備蓄白米4kg×60缶(30年備蓄仕様)



折りたたみノーパンク自転車「AEROエアロ」16型 1台


アルコール燃料 エバニュー(EVERNEW)チタンアルコールストーブ + チタンポット

500(RED)セット 1セット

カセットコンロセット 1セット ボンベ一式


4月から職員の健康維持促進、福利厚生を兼ねて、電解水素水生成器「還元粋」

を導入しました。家庭への持ち帰りも容認し、ご家族の健康維持にも役立てていた

だいています。災害用備蓄水としても利用を勧めております。




250W×2基 移動簡易型ソーラー発電パネル 災害時に使用先に持ち込み発電が可能 




 



6月上旬には下記、軽量超小型海水淡水化装置MYZ E-40Hを導入致します。

逆浸透膜浄化システムにより淡水使用時80リットル/時間、30分停止の

間欠運転で1日に1440リットル、1人3リットルとして480人分、海水を

淡水化使用時40リットル/時間、240人分の飲料水を供給することができます。

井戸水等に含まれる神経毒のフッ素及び化合物も90%以上除去することができます。



事業所では、バンデミックに備えN-95マスクの備蓄や感染症対策に備えて

次亜塩素酸ナトリュウム溶液散布機器が整備されており、消毒薬品の備蓄も

併せて行っております。防護服のタイペックスも整備しております。

石油エネルギーの供給が絶たれたときに事業を継続するために電気自動車

電気三輪車・二輪車や停電に備えて、自家発電装置やソーラー発電装置の

整備も検討しております。一部の整備は終了しておりますが、今だ、電気車両

導入が遅れております、仙台のモービルジャパン製電気車両や中国製のバイ

ク、80万円程度で購入できる電気自動車改造キット等により安価に導入が可

能なのでさらなる検討を重ねます。

5月の下旬に電動スクーター1台、8月には電動三輪自動車1台を導入する

手配を行いました、運用状況により増車してまいります。

バイクは予備電源を含め走行距離100㎞、三輪自動車は120㎞の性能が

あり近距離の業務に運用してまいります。





▲PAGETOP