防災士養成

2017/02/07
国内の110か所の活火山のうち沖縄県内には2カ所、硫黄鳥島と西表島北北東海底

火山があります。

硫黄鳥島は1968年に噴火、西表島北北東海底火山は1924年に噴火しました。

1771年の明和の大津波では高さ30m以上・最大遡上高さ85.4mの津波が宮古・

八重山諸島に発生し多くの村が流され、死者12、000人、家屋流失2、000戸以上

八重山においては住民の3分の1にあたる9、400人が死亡しております。

この2島は、過去2、400年間で9回の津波来襲の調査結果が得られているようです。

日本の国土は70%以上が山間地 国土の10%以上の洪水氾濫地域に総人口の50%が

居住し、国家資産の75%が集中、都市化に伴う危険区域への住宅立地・農耕地確保のた

めの山裾への人家立地・世界平均2倍におよぶ多雨国・世界の豪雪都市のトップ3を抱え

る豪雪国・世界面積比0.03%の国土に世界の20%の地震が発生し、世界の活火山の

10%が分布する火山国、脆弱な地質・急峻な地形・少ない平坦地・多雨・豪雪・台風・

竜巻・水害(洪水・高潮)・地震・土砂災害・津波の脅威にさらされています。

個人として、家族として、親族・親戚・知人友人・地域社会の構成員として、基本的な危

機管理対応力を身に付けねばなりません。災害は必ずきます。いつかわかりません。

私たちの管理する建物がいつ避難場所になるかもしれません。備えが必要です。

事業所として防災士の養成を始めました。 

  




▲PAGETOP